ローン、クレジット、過払金の返還請求

グレーゾーン金利という言葉が巷で言われています。
このグレーゾーン金利のために利息の払いすぎ(過払い)は発生するのです。

利息制限法と出資法
利息制限法で、
貸金の利息については、貸し付ける金額毎に上限を定めています。

1.  10万円未満・・・・・・・・・・年20%
2.  10万円以上100万円未満 ・・年18%
3.  100万円以上・・・・・・・・・年15%

これを超えた利息の契約は、超えた部分について無効になります。
しかし、クレジット会社、貸金業は、これを超えた金利で貸し付け
また、借りた側もその契約どおり返済しています。

ではどうしてこのような金利で公然とお金を貸しているかというと
利息制限法には罰則がないのです。

罰則があるのは、出資法です。
出資法には、業者がお金を貸す際に年29.2%を超える
利息の契約をした場合または利息を取得した場合には
刑事罰の対象になると規定しています。

つまり年間29.2%以下の利息取得であるならば、罰せられる
ことはありませんから、利息制限法を越える金利でお金を
貸しているのです。

利息制限法の金利を超え、29.2%以下の金利が
グレーゾーン金利というわけです。

50万円を借りて、22%の金利なら
22−18=4
4%がグレーゾーン金利なのです。

過払金の返還請求は、
グレーゾーン金利として払った金額を返還してもらおうという
請求です。

高い金利で既に支払いしている、本来は業者が取得できない部分
は、裁判所が40年ほど前に「元金部分に充当されるべき」
と言っています。

司法書士、弁護士などの専門家に依頼すると、返済する元本
そのものを減額してもらうことができます。

場合によっては、元金充当しても払いすぎている時は、
裁判所は「返還を請求することができる」と言っており
過払金返還請求が可能となります。

過払金返還請求をすると、「みなし弁済として、返還義務は
生じない」反論されることがあります。
貸金業規制法は、利息制限法を超える利息について
ある一定の要件を充たす場合には業者が取得してもよい。
と定めています。“充たす場合に”はです。
その要件とは次のようなことです。

1. 貸主が貸金業者であること 
2. 貸付けの際に法律で定められた事項の記載のある契約書を交付  していること 
3. 返済を受ける度に法律で定められた事項の記載のある領収書を  交付していること
4. 利息の支払が任意であること

この要件をすべて充たす場合には年間29.2%までの
利息の取得が認められています。
これをみなし弁済といいます。
しかし、平成16年2月、裁判所が
この要件を充たしているかどうかについては、
非常に厳しく判断することを明らかにしました。
現在ではこの要件を充たす業者はほとんど存在しません。
業者から、みなし弁済といわれたとしても、要件を確認して
みましょう。充たしていないはずです。
不安な時には、司法書士等の専門家に相談しましょう。

posted by SIZUPUG at 01:19

アトピーでも食べられる

一番高い商品っていうのをやってました。

アトピーでも食べられる、お米。

無農薬で、活性酸素を減らす栽培だそうで、

10キロ15000円。んんん〜ん高い。


注目したいのは、無農薬ということ。

無農薬で作ったのに、なんでそんなに高いんでしょうか。

普通なら、無農薬のほうが安いように思えるのですが、

その分、手が掛かっているということなんでしょう。

手が掛かるから一人で作れる生産量が少なくなってしまう。
人手を入れてもその人件費が要るので、結局生産量/人数を
考えると、同じことなんでしょう。

それなら、手をかけないで栽培すればと思うでしょうが、
いつか、長野のロハスなペンション(夢の扉)で紹介されましたが、
まったくの無農薬で、ほったらかし栽培なら、収穫量は
6割以下。これがいいということは言えないけれど、
アトピーの子供が、無農薬・ほったらかしの野菜を食べて
改善されて帰ってゆくというのも事実。

アトピー性皮膚炎のことを調べてみましたが、年々患者数が
増えているんだそうです。
そして今までにはなかった症状が出てきてるんですね。
何でこんなことになっているんでしょうか。

昔とは違ったことがその要因だとしか考えられないんじゃないですか?
それでは何が変わったのでしょうか。
食習慣、生活習慣、大気汚染、自然環境・・・
それでもまだ開発を続けようというのでしょうか。
それでもまだ、危険なものを使い続けるのでしょうか。

10キロ15000円という米がいけないとは思いませんが、
10キロ15000円で売らなければならない日本が
おかしくはないでしょうか。

アトピーのことは、まだこれがと言う治療方法が
なくて、それぞれにいろんなことを試してみることで
改善する方法を取っているようです。

S・O・D (活性酸素除去酵素) SDO様作用食品
など画期的なものも出てきていますが、治療には有効でも
これからもこの日本で、この地球上で生きていかなければ
ならない私たちにとっては、完全な解決ではないですね。

便利な生活にはなったけれど、豊かな生活ではないと思う。

そろそろ本当の豊かな生活を取り戻しませんか?


アトピーに関しては、まったくの素人なので
無責任なことは言えませんが、自然食で改善されたという
事実や、年々増えてきているという事実、症状が悪化している
という事実、もし原因が前述したようなことであるならば、
自然食や、今話題のロハス生活をやってみるのも
ひとつの方法かもしれません。
食事、食品制限を強いられている方もいらっしゃるでしょう。
そもそもの食品がいけないのでしょうか。 それとも
今の栽培方法で、あるいは生産、養育方法で作られた
食品がいけないのでしょうか?

ロハス生活なんていう名前が付いていますが、何のことはない
昔の日本人の生活です。
そんな意味では、昔のほうがよっぽど豊かだったかも知れない。
posted by SIZUPUG at 23:58

企業の宝、国家の宝


鑑定ブームでお宝にも関心を寄せる人が増えたことでしょう。

さて企業の宝とは何でしょう。

中国戦国時代衛の国、懿公(いこう)は、鶴がお気に入りで

高い位を与え、禄(今の給与)を与え、寵愛した。

ある時敵が攻めてきた時、人民に戦闘態勢を支持したが

誰一人戦おうとするものは無く、口々に

「鶴に戦ってもらおうではないか」と全く戦意がない。

こんなことが企業の中でも行われてはいないだろうか?


企業価値を高める為に企業資産ばかりに、お金を使って

人材育成をないがしろにしては、企業資産は増えたけれども

企業価値は本当に上がったのでしょうか?

インフレ時代に認められた価値も、デフレとなれば評価をする人さえ

いなくなってしまう。

時代とともに変化する資産が企業の宝ではなく、正しい企業理念の構築

人材、人材育成、コミュニケーションの充実こそが宝と言えるのではないかと

思います。

物の価値は時代によって変わるものですが、人材の育成、よりよいコーチング

コミュニケーションの充実による企業理念の確立は、人から人へと受け継がれ

これこそまさに企業の宝となるに違いない。



国においても然り、擁護、特権、保護、特例などというものは

社会的弱者に使われるのであって、ある一部の団体、個人の

利益を守るために使われるべきではないと思うのです。
posted by SIZUPUG at 23:57

韓国あさり、中国あさり、北朝鮮あさり

値段的なことでは

韓国あさり>中国あさり>北朝鮮あさり

韓国業者は、北朝鮮産中国産のあさりを

韓国産として輸出したほうが、仕入れが安いだけ

儲けが大きいわけで、北朝鮮としても

核実験問題で制裁処置がとられた国へ輸出できるんですから

願ったり叶ったりです。


中国のあさり漁師も北朝鮮海域で漁をしてるんです。

もちろん、北の監視艇がいるんですけれど

操業させてもらう代わりに金品を渡しているんですね。

公認ではないけれど、監視艇公認なのです。


どこのあさりかDNA鑑定する?
判定が出た時の会話
「1週間前に食べたあさり、北朝鮮産だって!」
「あっそう、道理で安いと思ったわ、でも韓国産だったわよ。」

経済制裁が裏目に出てしまいました。

でも、買っているのは日本。

韓国業者も安く仕入れた差額の一部を日本業者に

キャッシュバックしているんです。

どうしようもないんですかね?


会話の続き
「でも、うまかったよ!」
「そりゃあそうでしょう、日本より海がきれいですもん」
「有害物質もなくて、健康にも良いかもな」


なんてことでしょう?
posted by SIZUPUG at 13:18

酒林、しるしの杉玉、お酒の広告

新米ができると、新酒造りが始まりますが、



造り酒屋の軒先に、蜂の巣のような玉が

吊るしてあるのを、ご覧になったことがあるでしょう。

酒林(sakebayasi)といいますが、

「今年も新酒ができましたよ〜」という

一種の広告なんですね。

本来は、毎年新しい物を作って吊るすのですが

今は、だんだん作るのをやめてしまいましたね。

お酒の売り方(買い方)CMの方法も

変わってしまったからなんでしょうか?


近隣の人は、青い杉の玉が吊るされると

新酒を買いに来たんでしょうね。

私は「しるしの杉玉」って呼んでましたけど。


ここでもまた、日本のよき文化が消えてゆくんですね。

だんだん情緒がなくなってきます。
posted by SIZUPUG at 12:29

クジラにマグロ、次は何だろう?

クジラの捕獲が規制されてもう何年になるだろう。

クジラは捨てるところがないといわれ、肉はもちろん食料として

長い間、日本人の胃袋を満たしてきた。

牛肉や豚肉に比べて、高タンパク、低脂肪、低カロリー、鉄分豊富と

優秀なタンパク源でした。

また、アレルギーの起こらない肉としても注目されており,

健康を気にする人にも強くオススメできる食材です。

国際捕鯨取締条約によるものですが、鯨の肉で育った世代には

寂しい限りです。



ところが今度は、マグロ漁獲枠規制なるものによって

マグロも食べられなくなる日が来るのでしょうか。

マグロとマグロ全般の資源が危機に瀕していることの深刻な警告

として、消費者は仕方ないことだと受け止めているが、

世界全体の漁獲量の4分の1近くを消費している日本にとっては

まさに深刻な問題なのです。

鯨の養殖はちょっと無理としても、マグロは出来そうな気がする。

既に試験段階で養殖が始まっている。


果たして、次の漁獲規制は何が来るのだろうか?

「獲る漁業から、育てる漁業に」と言われてから久しいが、

養殖魚が家庭の食卓に並ぶようになってからもまた久しい。


ところが、この養殖漁業も完全ではない。

海の災害を出来るだけ受けないように、ほとんどが

内湾で行われているためや、餌や魚網に施す薬品などで

汚染が心配されている。

また、餌に混ぜてある薬品の影響は同なのか、危惧されるところです。


このまま、育てる漁業に頼らなくてはいけないような状況に

追い込まれてゆけば、ますます安全な食生活は出来なくなるのでは

ないだろうか?


一方で、食べることなく捨てられている食べ物も相当量あることも

事実です。


食のことを真剣に考える時が来ているように思えるのですが。

いつまでも安全な食生活が送れますように願って止まない。
posted by SIZUPUG at 23:29

これも一つ投資かなあ


ロマネスクリゾートホテルRomanesque Resort Club

入会契約金200万円(1口より)
[入会金の内訳]
預託金190万円+10万円(入会金6万円+年会費4万円)
退会時に預託金は返還される。
契約時に総額30万円相当のクラブ無料宿泊券  VIP会員適用
継続会員には毎年20万円相当の宿泊券


直営ホテルのVIPルームなど会員料金で利用できる。
 ロマネスクリゾートホテル菊南/ロマネスクリゾート霧島

  年内にロマネセレブ博多の宿/ロマネスクリゾート湯布院の森

190万円の利回り分でサービスがあるんでしょうね。



VIPルームでも高いもので6万円くらい

一般デラックスでも2万円くらい

コンドミニアムだと7000円くらいですから

そんなに高くはないですね。

リゾートというくらいですから

リラックスできる施設が充実してるんでしょうね

霧島・菊南・湯布院 ロケーションはバッチリですよね

1度は行ってみたいです。

ウエディングも出来るみたいです。
posted by SIZUPUG at 19:02

東国原 宮崎県知事

一昔前、いや二昔前かもしれません。
「新婚旅行は宮崎へ行きました。」
熱海、宮崎・・「いいな〜」なんて会話がありました。
日本でも有数のリゾート地だったのです。ほんとに昔の話です。

ところが、新婚旅行ではないけれど、宮崎ツアーが大人気とか。
その中には、宮崎県庁も見所の一つになっているというから
驚きです。
ある意味、リゾート地の復活かもしれません。
これほどマスコミを味方につけた知事もいなかったでしょう。
意図的に味方につけた訳ではないと思います。

毎日のようにマスコミに登場する東国原知事。
何と言っても東国原知事の真面目さ、謙虚さ、面白さ
エンターテインメント、特筆すべきは宮崎を思う情熱でしょう。

誰しもここまでやるとは思わなかったはずです。
最初の頃は、もう少し知事としての威厳を持ったほうが良いという
コメントをした番組もありましたが、威厳なんかなくったっていいです。選挙の時だけぺこぺこ頭を下げる政治家何かより、数倍
立派です。
偉くない人が偉そうにする。偉い人は偉そうに見せる必要がないと
言った人がいましたが、その通り。
前代未聞の支持率もうなづけます。
お笑い芸人だから、有名人だったからと言う人もありますが
体裁ばかりを気にして盲己利他にならなかっただけです。
なりふりかまわずと言う言葉が当てはまるかどうかは判りませんが
とにかく、いい人を知事にしたものだと思います。

宮崎県民ではないけれど、応援したくなるのはなぜでしょう。
私だけではないはずです。
何人もいる県議より一人の知事が勝っているのですから
凄いです。県議も下手なことは言えなくなってしまったようです。
マスコミが陪審員となっているのです。

いつまでもマスコミを味方にして、より良い日本の発祥の地になってもらいたいと思います。

posted by SIZUPUG at 00:03

東国原英夫、宮崎県知事

東国原英夫、宮崎県知事

そのまんま東さんが東国原英夫、宮崎県知事になって

宮崎県の経済効果はうなぎのぼり。

政治手腕はまだなんとも評価する段階ではないにしろ

大変な効果です。

いろいろ過去に問題はあったにせよ、宮崎をよくしようとする

真摯な姿勢は高く評価して良いでしょう。

100点満点をあげたいくらいです。

違う人が知事になっていたらどうだったでしょうか?

東京ジャスコの光景も拝見しましたが、

「いかがですか」と気さくに宮崎地鶏を差し出すようなことを

したでしょうか?

芸人時代とは打って変わってりりしささえ感じます。

それでいて頭も腰も低く、良い知事さんじゃないですか。

もっともっとマスコミを引きつけておいてほしいですね。

ぶっつけ本番のような事故、事件が立て続けに起きましたが

返ってそれが良い方向の風となっています。

県議会も始まっていよいよ知事VS県議ですが

マスコミが監視しているようなもの。

下手なことを言おうものならすぐにマスコミが黙ってはいない。

メディアに育てられメディアに守られている東国原知事。

県民と同じ目線で物言う姿勢がマスコミをも見方につけているんでしょうね。

大いに期待します。
posted by SIZUPUG at 03:10

Google“グーグル革命の衝撃”

Google『“グーグル革命の衝撃”
 あなたの人生を“検索”が変える』と題して放送された

NHKの特集番組に衝撃を覚えました。

人間の英知は留まる所を知らない。

Google検索は企業をも一目置かざるを得ない存在なのです。

それは、核兵器などの軍備抑止力などとは全く正反対の

ものです。

世界中の人たちが、こんな物、こんなサービスがあれば

もっと快適に、もっと便利になるだろうというところから

発展したものだと思うのです。

人々は何を求めているかということの追求の極みです。

企業の根本的課題とも言うべき理念がそこにはあると思います。


既成概念にとらわれない自由な発想を重視している企業姿勢

その発送を促す企業環境、IT企業の重要項目、セキュリティー

む〜〜んと唸らずには折れません。

まさに一流。

Google本社玄関、巨大なホワイトボードに書かれた社員の夢

Google Money Google Government Google currency
グーグルマネー  グーグル政府  グーグル通貨
Control the stock market ・・・・・。
 株式市場支配・・・・・・。

などなど、およそ可能かもしれないと思わせる夢です。

日本でも、au(KDDI)との提携で一気に加速するだろうか

Googleは日本においても無くてはならない存在となることでしょう。

posted by SIZUPUG at 23:59

そのまんま東、宮崎県知事当選


■そのまんま東、宮崎県知事当選

まあ、いろいろ言う人もいるでしょうが、

少なくとも、与党県議に担ぎ上げられた、あるいは知事与党

体制の下では、県民のための県政が行われた事が少ないですから

それだけでも期待はあります。

そのまんま東知事VS県議ということになります。

かつて長野県がそうでした。

田中康夫知事(当時)は大変素晴らしいと思いますよ。

というとまた、何言ってるんだと反論もあるでしょうが

少なくとも、裏金、リベートなどとは全く無関係の

またしがらみがなく、知事本人の個人利益など全くない

県民にとって目先のことでは無く。長いスタンスに立った

県政だったと思います。

面白くなかった人は、県と何らかのつながりを持っていた

経営者たちでしょうね。


そのまんま東氏も今はなんとも言えませんが、VS県議体制に

屈することなく、信念を曲げずに頑張っていただきたいと

思います。

信念を曲げる時は、そのほうが県民のためになると確信が

もてた時だけにしてもらいたいと思います。

その為にも県民の言葉を素直に受け止める耳を持っていただきたいと

思います。
posted by SIZUPUG at 01:55

政治にがっかり


安部総理が誕生してどれくらい経つでしょうか?

最初は、大臣報酬削減などと、なかなかやるなあ!と好評価

しましたけど、まあ出るは出るは・・

リーダーシップはあるのだろうかと疑いたくなります。

美しい国などチャンチャラおかしい。

何にも変わらず、結局バカを見るのは国民だけ。

TVでもさんざん取り上げられている国民が怒っていることを

一つ一つ解決してくれるほうがよほどためになる。

日本の国政には、もううんざりです。

国民の痛みなどなんとも思っていないんでしょうね。

posted by SIZUPUG at 01:36

ウルルン滞在記、KOBAちゃん

ウルルン滞在記、KOBAちゃん

タイの犬の家への滞在記で思ったこと

交通事故で負傷し歩けなくなった犬。
捨てられた犬、捨てていく犬を引き取っている家。

そこへKOBAちゃんが再度訪れたのですが
前回にこの家への寄付を募る呼びかけをしたようです。
行為自体は大変素晴らしい事だと思います。

寄付をした方々も、何とか救いたいと寄付をしたのでしょう。
しかも、寄付で運営されていることを知れば
寄付しなくてはいられなかったのでしょう。

それはそれとして、何も言うことは無いけれど・・。

日本にも、捨てられたり傷を負って歩けなくなった犬が
いることを忘れないでほしいのです。

年間40万頭以上が安楽死?されているのを
ご存知でしょうか?

崖っぷち犬の時もそうでしたが、マスコミで取り上げられると
なぜか、引き取り手が殺到するのです。
もちろん、紹介したから育てたいと、申し込むのでしょうが。

もっと身近なところでも同じ運命の犬がいることを
忘れないでほしいのです。
一度飼ったペットは必ず最後まで飼ってあげてください。


犬に限らず、悲しい出来事は身近にいくらでも存在します。
同じ境遇でこんなに違う運命があることに
やるせない想いです。
どこか間違っている気がするのですが。
posted by SIZUPUG at 02:57

選挙に行くか?

地方政治に不満を抱きながらも、選挙が終わってみると

2選3選を果たしてしまう。

「選挙に行かなくても、もう決まったようなものだ」と

棄権をしてしまうかもしれない。


こんな譬話があります。

ヒマラヤの麓の竹薮で、風が吹き摩擦で山火事になるんです。

竹薮に住んでいた猛獣、虎や獅子たちが懸命に消火するのですが

いっこうに火は消えない。力尽きて岩陰に非難する。

その前を片羽に傷を負ったオウムが毛一つの羽でわずかな水を

運んで火を消そうとします。

猛獣たちは、我々がやっても消せなかったものを小さなお前に

消せるわけがないと避難するように言うのですが、

オウムは「自分の力で消すことは出来ないとわかっているけれど

できないからと言って森が焼けるのをじっと見ている事は出来ない

出来ても出来なくても、私はこの一滴の水を運ばずにはいられないのだ」

釈尊の譬(雑宝蔵経:原始経典)です。


民主主義の中では、ほとんどが数の原理で物事が決められて

いますが、少数意見を見逃がさないことも民主主義の

大事なことの一つです。


たとえ話と選挙を棄権することをつなぎ合わせることは

無理があるかもしれませんが、

「私一人くらい」という考えだけはなくしたいと思うのです。

過去にも、少数意見で、大事な場面、難関を乗り越えたことが少なからず

あるのですから・・。

承認された方、意見が通った方、選ばれた方も片側には、反対する

意見があることを心に焼き付けてほしいと思います。
posted by SIZUPUG at 13:50

沖縄はやはり楽園?

日本の出生率が下がっている中で、逆に上がっている所も

あるのです。それが沖縄の島々。


池や沼にすむミジンコを水槽で飼っていると

だんだん増えていきます。ところが、水質が悪くなったり

ミジンコがある匹数になると、それ以上は増えません。

それ以上増やしても水槽の中では生きていけないことを

知っているのでしょうか?


ある科学者が、人間も自然界の中で生きる生物。

本能的に、子供を育てられるかどうか判断しているのではないか?

と言っています。


沖縄の海、山、原、川、生き物を見てください。

そんな環境の中で暮らす人々を見てください。

ここなら安心して育てられると誰もが思うに違いありません。


美しい国とは、交通が発達し、ビルが立ち並び、通信が発達すること

では無い。

自然の流れの中でたくましく生きられる人を育むことこそ

美しい日本を作る基本ではないかと思うのです。




posted by SIZUPUG at 01:37

日本は大丈夫なのか?

サンデープロジェクトで、俵総一郎氏が、全国の自治体の

ほとんどで、公共工事における裏金の存在を

指摘しました。

そんな前振りの後、前長野県知事の田中康夫氏との

対談に入りましたが、

もちろん、田中前知事は裏金など全く関係なく、むしろ

自治体の借金返済に尽力した知事でした。

たとえ大きな公共工事をしたとしても、その利益の

ほとんどが、中央企業に吸い上げられてしまうことを

指摘している。

そんなことは、いまさらのことではなく、どこの自治体においても

そうであるし、それを言いたかったのではなく

今回交代した新知事が、そんな悪い慣習を復活させるのではないかと

危惧し、警鐘を鳴らしているのです。

既にそのプロセス・セオリー通りに事が運んでいる兆候が

あると言いたかったのでしょう。


地方自治体の議員連中に、賛同を受けるような知事で、

今まで県民の本当の意味で有益な政治が行われた例(ためし)が

ない。



ある程度の雇用が生まれ、お金も少なからず落としては

くれるだろうが、一時的なもの、今後そんな公共事業だけに

頼っていくのでしょうか。

もっと広く、長い目で見れば、自然破壊をして大きな借金を

残したまま受け継いでいく子供達はどうなるのだろう?

日本は本当にこれでいいのだろうか?
posted by SIZUPUG at 14:55

腎臓移植問題で

腎臓移植問題でゆれる愛媛県の宇和島

擁護する団体があり、またひどい中傷あり

私はプロフィールを完全に明かしてないので

お勧め、賛同、賞賛は問題ないけれど

個人攻撃的な中傷はしないことにしています。


こんな記事を見つけました。
著作権が・・・とかいわれそうなので一部抜いて
あります。


『摘●された病気の●臓って、体内にあれば不 合(危険)だから摘 するんでしょう?
それが他人 体内  大丈夫、という感覚は理解●●ない。
この万波医師はア●●カで修行を積んだ  だが、●メリ●では臓●●植は数をこなさなければならず、それ 日本でこなそうとした結果がこの病気摘出腎臓の移●につながったようだ。
己の技術維持のため、患者の藁を●●●気持ちに付け込んだ行為としか思えない。
医師失格以前に人間失格だ〜!』



ここからは、決して前述の記事の批判ではありません。
私の意見です。

腎臓が悪くて、透析をしている方はたくさんいらっしゃいます。

この透析の大変さは、本人しかわかりません。

家族でさえも身近にいるということ、いつもそれを見ているので

大変だと理解はしているけれど、体験ではありません。

生きるか死ぬかという大病を経験したことがない人には

藁をも掴む気持ちは、理解できないでしょうね。

透析患者は、たとえ1年でも透析しないで生活できたら

いいなと、移植をした人もいるんです。

人って憶測、想像が好きですね。噂話も好きです。

伝言ゲームじゃないけれど、猫が最後には鯨になっていた

ということもあります。


百聞は一見にしかず とも言います。
人の口に戸は立てられず

自分で体験したこと、実際に見たことしか

信じないというと、ちょっと人を信じないようで

寂しい気もしますけど、人に伝えるときには

これくらいの裏づけがなければ、いけないような気がします。

私は、この医師の地元に住んでいますから、

噂話もたくさん入ってきます。

この医師が豪邸を建てたとか、豪遊しているとか

聞いたことがありません。むしろ・・・・。


この医師を擁護しようという団体が現れました。

こんなニュースが出ると、競ってTV局は、あら捜しを始め、

批判的なインタビューを取りたがりますけど

「感謝している」「命の恩人」という声もあります。



火にないところに煙は立たず といいますが、

悪徳医師に擁護団体、支援団体が付くとも思えません。


憶測で物言うことだけは止めたいですね。




posted by SIZUPUG at 15:12

お友達が凄いツールを開発しました

先日、メッセージが届きました。

SE、プログラマーなどなどネット界で活躍されている

私の友人からです。

SNSでもご一緒させていただいています。


凄いツールを開発したそうです。


今回

まぐまぐで、読者代理登録有料化に伴い、

読者を増やすことが難しくなりまた。

ところが、この期に及んで新たに、

まぐまぐの読者増加サービスが

超低価格でオープン予定です。

いろいろ困惑せれている方もいらっしゃるでしょう。


まぐまぐ読者獲得術!
最後に残された方法とは?
↓ ↓ ↓
http://barizou.joho-ic.com/

私も拝見しました。

凄い人だとは思っていましたが、

やっぱり凄い人でした。







posted by SIZUPUG at 13:18

どうしてこんなに熊が出る?その2

熊が出るのは自然環境が破壊されたからだ

と言っては見たものの、熊のことを

詳しく知っているわけではないので、

いろいろ調べてみました。

北海道のヒグマも、本州以南に住むツキノワグマも

食べる物は同じような物で

草類、木の実、アリ、ハチ、幼虫、魚、獣、共喰、作物、
家畜、腐肉、などだそうです。

作物、家畜は元々の食べ物ではないですよね。

山で働く人たちはこんなことを言います。

「山にブナの実が大量に生ると、熊は里に下りない」

また林業では木育のために、木に絡んだコクワやヤマブドウを除伐

するんだとか

熊は普段、草や木の実・・魚、小動物など森の恵みを食べています。

それが底を突いてくると山里に下りて来るんです。


山にどんぐり(ナラの木)虫、小動物、魚、桑の実

ヤマブドウなどの草類など少なくなったのは

なぜでしょう。

誰がそんな山にしたのでしょう。

それを今更・・・・・?


大自然は、全ての生物の共有物です。

熊を撃退スプレーで追い返したり、射殺してしまったり

これは本当の問題解決ではありませんね。


食べ物を奪った人間は、今度は芋でもぶどうでも

ほったらかしでいいんですから、山に植えて返してあげては

どうでしょう。

広葉樹が生長するには時間もかかるでしょうから

posted by SIZUPUG at 13:42

どうしてこんなに熊が出る?

ここのところ毎日のように

熊出没のニュースがでます。

どうしてこんなに熊が出るんでしょうか?

熊だって里に出てくるのは怖いと思うんです。

一度人間の食べ物の味を覚えると

また、やってくると言うのですが、

親子で下りてくるのは、

さしずめレストランで外食ってところでしょうか。

住む所が小さくなったと言うこともあるのでは

ないかと思うんです。

必然的にえさも少なくなるでしょう。

実の生る広葉樹が減ったり(減らしたり)

必要のないところまで舗装道路だったりします。

食物連鎖ってあるでしょう。

直接かかわりがないことのように見えるけれど

それが原因で個体が減ったり増えたり

ひいては熊が里へ下りてきたりするんじゃないのかな。


捕獲し、もう出て来ちゃだめよって脅して

山へ返しますけど、

人が襲われて、撃ち殺されたりするのを見ると、

とても悲しくなります。

母熊だったら小熊はどうするんだろう。


日本も、もっともっと自然を大切にする国に

なってほしい。

自然と共存する国になってほしい。

人間も自然と共でなければ生きられないことを

知って欲しいです。
posted by SIZUPUG at 01:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。